債務整理 法律事務所

全国や地方在住の人が借金返済について相談するなら?

借金の利子が高い

債務の悩み、借金の問題。
借金の悩みは、自分一人ではどうしようもない、深刻な問題です。
しかしいきなり、弁護士・司法書士に相談しようにも、少し不安になったりする、という方も多いでしょう。
このサイトでは全国や地方で借金のことを相談する場合に、おすすめの法律事務所や法務事務所を紹介しています。
ネットで相談することが可能なので、初めて相談する方でも安心です。
また、全国や地方の法律事務所や法務事務所も紹介しているので、それらも参考にどうぞ。

借金・債務整理の相談を全国や地方在住の人がするならここ!

弁護士法人サンク総合法律事務所

サンク法律事務所

全国や地方の多重債務・借金返済問題の相談なら、こちらの事務所がおススメ。
弁護士対応で、しかも全国対応の法律事務所です。
初期費用が0円なので、今の手持ちがなくても安心です。
費用の支払いは、分割払いにも対応しています。
弁護士への相談料金ももちろん0円!
借金督促のSTOPもできます。
自己破産、個人再生、過払い金、任意整理、など、借金・債務の問題について相談することができます。
しかも、無料相談窓口では365日24時間、いつでも受付可能です。
フリーダイヤル(通話代金0円)で相談受付が可能なので、借金返済で悩んでいる方も今スグ電話受付をすることができます。

弁護士法人サンク総合法律事務所
サンク総合法律事務所、電話
弁護士法人サンク総合法律事務所

↑↑↑↑↑
借金の悩みは今すぐ!24H電話受付!



アヴァンス法務事務所

アヴァンス法務事務所

(とくに女性におすすめ)
全国に対応している、借金悩みを相談できる司法書士事務所。
任意整理、個人再生、自己破産、などなど、自分に適したやり方で、どうしようもないほどの借金問題を解決に導きます。
それと、過払い金の返還請求は、初期費用0円で、戻ってきた過払い金から支払できます。
任意整理も、和解成功報酬や減額報酬などを一切支払わなくてよいので、安く解決することが可能です。
債権者数が1、2件でも対応してくれるのもありがたいです。
女性スタッフが対応する女性専用の相談窓口も用意されているので、女性も安心です。
まずは気軽に無料相談からいかがでしょう。

アヴァンス・レディース
アヴァンスレディース

↑↑女性はこちら↑↑
女性スタッフが丁寧に対応する、女性専用・相談窓口です。

アヴァンス法務事務所
アヴァンス法務

↑↑男性はコチラ↑↑



司法書士法人みつ葉グループ

司法書士法人みつ葉グループ

コチラも全国に対応している司法書士事務所なので全国や地方の方も大丈夫です。
こちらの司法書士事務所は、ラジオやテレビへの出演、雑誌などでの執筆など、メディアにも多数取り上げられています。
人情派の司法書士とも呼ばれる代表の島田雄左司法書士は、大好きな映画「君の名は。」を映画館に6回も観に行き、その度に号泣してしまうほど涙もろい。
債務整理の費用は分割払いも可能なので安心です。
職場や家族に悟られないよう徹底配慮をしてもらえます。
借金返済の問題は、1人で悩まないで、まずは無料相談してみませんか?

司法書士法人みつ葉グループ
司法書士法人みつ葉、電話
司法書士法人みつ葉

↑↑↑↑↑
人情派の司法書士へ無料相談



弁護士へ相談前の注意



全国や地方近くの他の司法書士・弁護士の事務所を紹介

他にも全国や地方には複数の弁護士・司法書士の事務所があります。これらも参考にしてください。




地元全国や地方の法律事務所・法務事務所に行き、直接相談するのもアリです。
ただ、直接相談よりも、ネットからの無料相談や「診断シミュレーター」などの方が、手軽に気軽に相談できる方も多いのではないでしょうか。

全国や地方に住んでいて借金問題に弱っている状態

キャッシング業者やクレジットカードの分割払い等は、尋常ではなく高利な金利がつきます。
15%〜20%も利子を払うことになります。
住宅ローンの利子は年間0.6%〜4%ぐらい、マイカーローンの金利も1.2%〜5%(年)ほどですので、すごい差です。
さらに、「利息制限法」ではなく「出資法」をもとに金利を設定しているような消費者金融の場合、なんと利子0.29などの高い金利を取っていることもあります。
非常に高額な金利を払い、しかも借金は増えていく一方。
借金を増やしたのは自己責任なので仕方ないのですが、額が多くて利子も高いという状況では、返済するのは辛いものでしょう。
どうやって返せばいいのか、もはや何も思い付かないのなら、法律事務所や法務事務所に相談しましょう。
司法書士・弁護士なら、借金返済の解決策を捻り出してくれるはずです。
長期返済の計画かもしれないですし、過払い金を請求して返済額が減るかもしれません。
まずは相談、解決するにはこれが第一歩です。

/債務整理を依頼するのはやっぱり弁護士?|債務整理

債務整理とは、借金の返済ができなくなったときに借金をまとめてトラブルから回避できる法的な手段なのです。債務整理には、任意整理、過払い金、民事再生、自己破産の四つの進め方があります。
任意整理は、裁判所を通さないで債務者・債権者が直接交渉し、利子や毎月の支払い金を縮減する進め方です。これは、出資法・利息制限法の二種類の法律上の上限利息が異なることから、大幅に減らす事が可能な訳です。交渉は、個人でも行うことが出来ますが、普通は弁護士さんに頼みます。多くの修羅場をくぐった弁護士の先生ならばお願いしたその時点で問題から逃げられると言っても大袈裟ではないでしょう。
民事再生は、今の情況を裁判所に了承してもらい、住宅ローン以外の借金を大幅に圧縮してもらう制度です。このときも弁護士さんにお願いしたら申立て迄できるので、債務者の負担は減ります。
自己破産は、民事再生や任意整理でも支払出来ない多額の借金がある時に、地方裁判所に申立てをして借金をゼロとしてもらう仕組みです。このような際も弁護士の先生にお願いしたら、手続きもスムーズに進むから間違いがないでしょう。
過払い金は、本来なら払う必要がないのにクレジット会社に払いすぎたお金の事で、弁護士もしくは司法書士にお願いするのが一般的なのです。
こういうふうに、債務整理は貴方に適した進め方をチョイスすれば、借金に悩み続ける毎日 から一変し、人生の再出発をする事も可能です。弁護士事務所によって、借金または債務整理に関連する無料相談を受け付けてる事務所も在りますから、連絡してみたらどうでしょうか。

|自己破産のリスクって?/債務整理

はっきり言って社会一般で言われている程自己破産のリスクは少ないのです。高価な車、マイホーム、土地等高額の物件は処分されるが、生きる上で必ずいるものは処分されないのです。
また二十万円以下の貯金は持っていても大丈夫なのです。それと当面の間数カ月分の生活費が一〇〇万未満ならば没収されることは無いのです。
官報に破産者のリストとして掲載されるがこれも特定の人しか目にしてません。
又世にいうブラックリストに掲載されしまい七年間ほどキャッシング、ローンが使用出来ない現状になるでしょうが、これは仕様が無い事です。
あと決められた職に就けないことがあります。けれどもこれも特定の限られた範囲の職種です。
したがいまして債務超過で返金することが不可能な借金を抱えているのなら自己破産をするというのも1つの手法なのです。自己破産を進めたらこれまでの借金が全くチャラになり、心機一転人生をスタートすると言う事で良い点の方が大きいと思われます。
また自己破産者は公法上の資格制限として司法書士や公認会計士や弁護士や税理士等の資格は無くなるのです。私法上の資格制限とし後見人や遺言執行者や保証人にもなれないでしょう。また会社の取締役などにもなれないです。けれどもこれらのリスクは余り関係ないときが多いのではないでしょうか。リスクはあんまり大きなものではないはずです。